無料カウンセリングでプラン選び

脱毛にはさまざまなプランがあります。
そのため、自分に合ったものがどれなのか分らないという人も少なくはないようです。

アメフト01

 

どのようなプランを選べば良いのか分らないという人は、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。
最近は、ほとんどのサロンやクリニックが無料でカウンセリングを行っています。
そのときに施術内容や注意点などの説明があります。
自分に合ったサロンやクリニックだと思ったときは、そのまま契約をすることができますし、合わないと思ったときは、契約を断っても構いません。

 

 

カウンセリングのときに、そのサロンやクリニックで受けることができる脱毛プランの説明もあります。
選び方が分らない人は、このときにスタッフに相談をしてみましょう。

 

 

料金を重視したいという人は、少しでもお得に受けることができるものを提案してもらうことができます。
また、ムダ毛が濃くて太い人は、脱毛が完了するまでに長い期間がかかる場合があります。
回数が決まったコースで契約をすると、その回数の間で施術が終わらない場合もあり、延長するときは別途料金がかかります。
そのようなときは、回数無制限のコースなどを紹介してもらうことができます。
スタッフに提案してもらい、自分に合ったものを選びましょう。

親の同意書の提出

アイススケート02

 

オシャレのために、コンプレックス解消のためにと脱毛をするのは、何も大人に限った話ではありません。未成年であっても、その思いは同じです。
未成年の場合には身体の成長に個人差が生じやすいこともあり、早熟の子ほど、周りのクラスメートや友達との違いを過剰に意識してしまうなど、むしろ大人よりも悩みを抱えやすいともいえます。
そのような悩みを持つ未成年に対し、脱毛処理を施してくれるのが脱毛エステサロンとなります。
大手の脱毛エステサロンであっても、中には7歳から可能という、年齢制限に柔軟な対応をしているケースが数多くありますので気軽に利用できるはずです。
しかし、未成年が脱毛エステサロンを利用する場合、必ず親の同意書を要求されます。書類は、脱毛エステサロンの公式サイトからダウンロードできたり、店舗にて直接受け取ることができます。
では、自宅に帰って親に書類を作成してもらい、店舗に持参すればよいのかといえば、そうでもありません。確かに、そのような方法でも受け付けてくれる脱毛エステサロンはたくさん存在しますが、中には親同伴で店舗へ向かい、その場で書類を作成しないとならないケースもあります。
このように、書類の作成・提出に関しては脱毛エステサロンによってやり方がまちまちですので、注意しましょう。

キッズ脱毛の流れ

いま子供向けの脱毛のキッズ脱毛が人気になっています。脱毛は大人がするものというイメージがありますが、毛深いことへのコンプレックスや、おしゃれを楽しめないなどの子供の悩みは大人と同じものです。昔と違い、今の子供たちの成長は早く、体の成熟とともにファッションやメイクなどへの興味も持っていますから、むだ毛に対して悩みを持つことが多いようです。特に脇の毛やアンダーヘア、鼻の下の毛は小学校高学年あたりから生えてきて目立つようになります。コンプレックスから、塞ぎこんでしまう子供もいるほどむだ毛の悩みは大きな悩みなのです。親もそんな子供の悩みを解決したいと思うのものでしょう。脱毛サロンでも子供に対応した脱毛を行う所が増えてきました。しかし、脱毛をすることでトラブルはないの?痛みは大丈夫?と心配になる方もいます。料金もどの程度かかるかも気になりますね。

アイススケート01
まず、脱毛を受けるまでの流れとして、無料カウンセリングの申し込みをしてから、施術するかどうか決めることができます。不安なことや疑問がある場合は、カウンセリングの時にしっかりと相談することができます。サロンによっては体験できるところもありますので、納得してから施術できます。価格はサロンによって違いますが、だいたい2000円程度で受けられます。また、親子割りなど割引プランがあるサロンもありますので、子供と一緒に親も綺麗になるチャンスですね。

肌が弱くデリケート

大人にとってもムダ毛の悩みは尽きませんが、子供さんにとってもやはり気になるもの。
特に周囲の目が気になりだすお年頃を迎えると、自分のムダ毛の量や濃さが大きな悩みに発展してしまうことがあります。
脱毛をすることで、子供さんが自信を持って毎日を楽しく過ごせるのなら、処理をすることも視野に入れて考えてあげましょう。

 
ただ、大人と違って、子供さんの肌は非常にデリケートです。
深刻な肌トラブルを起こすことも考えられますので、処理をする際はくれぐれも慎重に行うようにしてください。
リスクを避けたいのならば、エステサロンでも脱毛がおすすめです。

 
高性能の機器でプロの手によって処理されますから、肌を傷つけたり炎症を起したりといった心配は少なくなります。
ただし、エステサロンによっては、安全面への配慮から年齢制限を設けているところも数多くあります。
プロといえども、他人の手に身体を委ねることに抵抗を感じる子供さんもいますから、本人が望んだ場合でも、様子を見ながら受けさせるようにしましょう。

 
また、エステサロンでの脱毛は、経済的な負担になることがあります。
子供さんと十分に話し合いを持って、無理のない範囲で脱毛するようにしてください。
自己処理での脱毛は、基本的に避けた方が無難です。
どうしてもという場合は、子供任せにせず、必ず大人が一緒になって手を貸してあげるようにしましょう。

 

年齢制限は要確認

近年大人の脱毛だけではなく、キッズ脱毛と呼ばれる子供専用の脱毛プランがあります。

 
子供同士の小さなからかいの中に毛深さを指摘されて悩やむ子供用に考えられたもので、最近では脱毛剤なども販売されていますがエステサロンでもうける事が出来ます。
またエステサロンで脱毛を行った場合、機械や使用する薬品等も子供の肌に合わせた低刺激のものを使っていくので肌荒れなどが気になる親御さん達にサロンが選ばれています。

 
ただエステサロンで脱毛を行う場合気をつけなければいけないのが、年齢制限です。
サロンによっても変化はありますが、大抵の場合制限が設けられています。その理由が、脱毛作用にはホルモンバランスが大きく関わってくるからだといえます。

 
光脱毛やレーザー脱毛ともに、毛の色素に反応して施術する方法です。なので効果が得られる部分としては毛が生えている場所になります。ですが子供の体毛はまだまだ成長段階で生えそろっていない事がほとんどです。
そのなかいくら脱毛をしても全く終わらない事があります。
光脱毛の場合7歳から施術を行っているところもありますし、また3歳から行っているサロンもあります。
ただ低年齢で施術するのであれば、完全に脱毛終了するまでに時間がかかる事を知っておかなければなりません。

キッズ脱毛の欠点

shopping08_l

子供でも毛深い事を気にしている子は多く、体育の時間に半袖の体操服に着替えるのを嫌がったり水着になるのを嫌がる子供もいます。子供同士だと思っている事をはっきり言うので、濃い体毛の事をからかわれるのが原因になっています。カミソリで剃るという方法もありますが、子供の肌は大人以上にデリケートなので肌の為には余り良くありません。

 
度重なる言葉はコンプレックスになって長く子供の心に影響を与えることになるので、子供のためにはキッズ脱毛を受させるも1つの方法です。子供でも受けられるように痛みがなく脱毛できますし、人目を気にしなくなるのでのびのび過ごすことができます。また脱毛するときに不安を感じないように母親と一緒に脱毛の施術を受けられるところもあります。

 
しかし子供に脱毛を受けさせるのは欠点もあります。人の体毛は第二次性徴時に濃くなったりすることが多いのですが、それ以前に脱毛すると思春期になって再び毛が生えてくるようになるのです。つまり子供の脱毛はその時はきれいになっても、再び毛が生えてくる可能性が高いという事です。思春期を過ぎてから再び脱毛を行なわなくてはいけなくなりますが、子供の心の事を考えると脱毛しておく事は充分に意味があると考えられています。

子供向けの脱毛剤やマシンの取り扱いが増えてきた

最近では子供でも利用できる脱毛剤などの商品やマシンなどが増えてきています。

shopping07_m

エステサロンでは、7歳以上を対象とした施術なども行っているお店もあります。家庭で脱毛をする場合、様々な方法があります。剃刀や毛抜き、脱毛ワックスや脱毛クリーム、抑毛ジェルなどを使用する方法です。しかし、小学生や中学生の場合はまだ体が成長期でもあり、未発達の部分が多い時期でもあります。これらの方法で脱毛をする場合には安全性をしっかりと確認してから脱毛を行う必要があります。

 

脱毛方法には、個々によって向き不向きがあります。他のお子さんが行っている脱毛方法が、あなたのお子さんに合っているとは限りません。大切なのは、一部分を脱毛してみて試してみることが必要です。部分的に脱毛をしてみて何も炎症が起きなければ、少し範囲を広げてみます。大切なのは一気に脱毛をしてしまうのではなく、徐々に範囲を広げてみることです。そうすることで、仮に炎症が起きても最小限の炎症で抑えることができます。

 

 

また、場所によって炎症が起きる場合と起きない場合もあります。例えば脚の脱毛をしたら炎症がなかったので、腕の脱毛をすると炎症を起こしてしまったという場合もあります。どの部位をする場合でも徐々に脱毛をして、肌の状況を見ながら脱毛をすることが大切です。

誤った自己処理をするより断然安全

機器を使用しない自己処理として専用のシールやワックスを肌にのせ毛の流れに逆らって毛を抜いたり、除毛ムースでムダ毛を溶かす方法がありますが、こうした脱毛は永続性はないため頻繁に処理しなければならず、これによって子供の柔らかい角質層が傷ついたり、毛穴に雑菌が入ったりするトラブルの可能性があります。

 

家庭用電気脱毛器の中でも毛を引っ張って抜くタイプのものは太い毛はとらえやすい反面、子供の柔らかなうぶ毛に近い状態には効果が出にくい傾向にあり、また家庭用光脱毛器もやけどなどのリスクがあります。

 

フェイスに関してはこのような処理では不安を感じるためシェービングで対応することが多く、毛の先の切り口の状態によってはかえって毛が濃くみえるなどのトラブルも考えられます。専門のクリニックやサロンでのキッズ脱毛はプロが処理を行うので安心です。ジェルを塗布するなど事前処置がとれるうえアフターケアも行き届いており処理残しがなくてすむので、余計なけがや肌荒れを経験せずにすみます。

 

成長に従って数年に一度の割合で済むので費用的にも高くつくものではなく、更にキッズのための割引制度を導入している店舗も多くあります。未成年の場合は親の承諾書と支払いに関する保証が必要です。

キッズ脱毛の安全性

shopping06_l

 

食生活の変化などにより、ムダ毛を気にする子供が増えてます。学校でからかわれたり、いじめにつながったりと子供によってはムダ毛がコンプレックスとなることもあります。

 
手軽にできるカミソリや毛抜きなどの自己処理では、色素沈着が起きたり、ばい菌が入り込み感染してしまうなど大きなリスクがあります。

 
キッズ脱毛は、子供の肌に優しい脱毛を行っているため、子供のデリケートな肌でも安全に脱毛することができます。子供でも安全に脱毛できるように痛みや火傷の心配のない高温の熱を使わないようにしていたりと成長期の子供の肌を考えた脱毛処理を行っている脱毛サロンもあります。子供のデリケートな肌は、従来のレーザーでの脱毛よりも現在の主流となっているフラッシュ脱毛であれば、子供の肌でも安心とされています。

 
ムダ毛にはホルモンバランスが関係しているため、初経を迎えていない子供には効果がなかったり、妊娠・出産することで今後また生えてくる可能性があります。また、脱毛サロンによっては、3歳から脱毛することができるところもあります。

 
最近では、キャンペーンを用意していたり、親子で一緒に通うことのできるコースを用意している脱毛サロンもあります。